豆のブレンド・・焙煎の種類

エスプレッソ用の豆は、大きく分けてポッド用とローストされた豆(焙煎された)とあります。

1. ポッド用は主にハンドル式のマシン(ニーナなど)で使用します。

2. ローストされた豆は主に豆屋さん、スターバックスのようなカフェ、ネットなどで販売されております。

3. エスプレッソ用マシンに適した豆のローストの種類は
1) シティロースト(中煎りに分類されます)
2)
フルシティロースト(深入りに分類されます)
3) フレンチロースト(深入りに分類されます)
4) イタリアンロースト(深入りに分類されます)

大まか上記のように分類されてます

 1)から順にロースト時間(焙煎具合)が長くなり、結果豆の色も濃くなり、味も濃く苦く)なります。

特に1)と2)は主にイタリア地方で飲まれており、3、4)はシアトル系つまりスターバックス、タリーズの店内で飲むエスプレッソやカプチーノ、ラテに使用されています。

 

又、ハンドル式のマシンで上記豆を使用される場合、お店の人に豆を挽いてもらう必要があります。  その際は、エスプレッソ用に挽いて貰ってください。

全自動マシン(JURA社製品GAGGIA 社製品など)では機械にグラインダーがついておりますので、買ってこられた豆はそのまま機械に入れてそのまま使用します。


焙煎の種類は8種類  エスプレッソはイタリアン、フレンチ、フルシティ、シティまで


焙煎は大まかに  浅いと酸味(甘み)があります。 深いと苦味が増します。

どの焙煎がよい!  これはございません。

どの焙煎程度を選んで、どのようなメニュー、テーストにするか? 選択するわけです。