エスプレッソ豆の管理方法

エスプレッソ豆の管理方法
豆のポテトチップスと同じ管理が必要です

美味しいエスプレッソ

それを、
実現させるにはクワトロ・エンメを守る

マシーン
豆(ブレンド)
挽く(グラインダー)
技術(、メンテ、ポイントイ)

コーヒー豆は酸化に弱い

 こだわって

イタリアンブレンド

高級な豆

そして、焙煎鮮度もよし

豆は鮮度、お魚と同じ。

・マシンはベスト

・豆もハイグレードなブレンド

・鮮度は素晴らしい

しかし、一番怖いのは 豆の酸化


高級刺身料理に例えれば、 腕良し、包丁良し、魚の鮮度よし
あれれ、刺身にする前に魚を数時間も放置してしまっていた!?!
高級な高価な豆の管理次第です。
空気、熱、光、湿気、 豆の大敵
空気に触れさせない、を当てない、を伝えない、湿気させない
開封して、1週間で40%の香りが飛ぶと言われます。

購入する際、包装にタイプがありますので、その特性を理解しておきましょう。

タイプ 技術と方法 特 徴
真空包装 真空の袋や金属の缶に豆を満たし、その容器から空気を抜き、密閉した状態で封をします。 外気との遮断ができ、豆の鮮度を3ケ月ぐらい保持でしますが、真空にするときアロマを失われます。
バルブ付き包装 コーヒー豆が袋または缶に放送されていて、そこから空気を抜きます。 豆の持つアロマがバルブから逃げますが、真空包装ほどのアロマの喪失はないです。
加圧式
包装
金属容器に入れて、空気を抜き取って真空にして、その代わりに不活性ガスを低圧で充填します。 圧力がかかっているので、アロマの放出はなくなり、開封までアロマは保持されます。
家での保管方法
・1週間くらいで飲み切るのであればキャニスターのような、遮光性があり
密閉できる容器で常温保存が使いやすく最適です!

透明キャニスターもありますが、光を通さないものの方が良いですね。

 

・1か月くらいのスパンでの保存をするなら

アロマキープできるバブル付き密閉袋

購入時にこの袋で入っているものを購入でしたら、そのまましっかり密封し使用時になるべく酸化を少なく使用を。